本格的なインドネシアバティックを「ゆっくり」「自由に」「楽しんで」とご指導しています。下絵数点の中から選んで制作していただきます。 彩色とレイアウトはご自由です。芸術の森ホームページ。
 

batik教室-写真1   batik教室-写真2   batik教室-写真3
チャンティンの使い方から講習は始まります。 ロウをひく時は布を手のひらにのせます。 彩色時に布をフレームに張ります。

 

個性ある生徒さんの作品とご感想をご紹介しましょう。

12回目
 2009年(H21)8月29・30日10:00~5:00(2日間初心者コース)

 

早朝の空気が美味しい森でした。
チャンティンのロウ引きレッスンに時間をついやしました 。初心者にはやはり難しいですよね。でも、講習内容変更でその後は一回染めの自由な彩色は楽しんでいらっしゃいました。

●生徒さんの習作

ハンカチ52㎝×52㎝
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

11回目
 2009年(H21)2月7・8日10:00~4:00(2日間初心者コース)

 

真っ白、まったく真っ白の森でした。
モチーフは「不思議花」。 チャンティン使いは初心者には難しい作業です。でも、最終的にはそれぞれの生徒さんは納得の作品が染め上がりました。ヤレヤレ、でも楽しかったの言葉は嬉しいですね。

●生徒さんの習作

絵画15cm×15cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

10回目
 2007年(H19)7月7・8日10:00~4:00(2日間初心者コース)

 

栗の花が満開の森でした。
南の国の花:ヘリコニアがモチーフです。2日間で重ね染めを仕上げるための集中力に脱帽です。彩色は自由ですが赤と緑のコントラストは誰もがお好きのようです。当日の様子はブログでご覧下さい。

●生徒さんの習作

絵画15cm×15cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

9回目
 2006年(H18)11月25・26日10:00~5:00(2日間初心者コース)

 

新雪がキラキラと輝く森でした。
クリスマス用のポインセチアをモチーフに2 日間のコースでした。花は赤く葉はグリーと決まっていましたが、微妙に違う雰囲気のポインセチアが染まりました。華やかな聖夜に添えて下さったでしょう。

●生徒さんの習作

絵画15cm×15cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

8回目
 2005年(H17)7月23・24日10:00~5:00(2日間初心者・体験者混合コース)

 

蝉の鳴音が響き渡る森でした。
2日間で重ね染ねをするために小さな絵画を体験して頂きました。決まったデザインのレイアウトと色彩が自由なので一枚一枚がとても変化のある作品になりました。

●生徒さんの習作

絵画15cm×15cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

7回目
 2004年(H16)12月12・18・19日10:00~5:00(3日間初心者・体験者混合コース)

 

新雪の輝く森でした。
体験された生徒さんは自由な模様と彩色で染めて頂きました。バティックの重ね染めプロセスを取得された方はこれからも自由なデザインに挑戦していただきます。

●生徒さんの習作

ハンカチ22cm×26cm
 
batik生徒さんの作品

インドネシア伝統模様も自由なレイアウトで制作すると新しい感覚になりました。今回の色彩は皆さん明るくなったのは、外が寒いので?でしょうか。

●生徒さんの習作

ハンカチ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

6回目
 2004年(H16)3月14・20・21日10:00~5:00(3日間初心者コース)

 

寒すずめが飛び交う森でした。
インドネシア伝統花模様です。個性的なレイアウトが際立つ作品ばかりでした。生徒さんたちはその面白さをお互いに楽しんでいらっしゃいました。「チャンティンを初めて知った!難しい!これを使わなくてはいけないのですか?」と仰りながらも見事に作品は完成いたしました。

●生徒さんの習作品

ハンカチ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

5回目
 2003年(H15)5月24・25日10:00~5:00(2日間初心者コース)

 

今年もまた新緑が目にまぶしい森でした。
従来同様にレイアウトと彩色は自由です。2日間コースのため重ね染めまでいかなかった分丁寧なチャンティン作業が出来ました。リピーターの生徒さんもいらしゃって「やはりチャンティン使いが面白い」とのこと。次回はじっくり時間を掛けて3日間コースで重ね染めをいたします。

●生徒さんの習作品

バンダナ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

4回目
 2003年(H15)3月2・8・9日10:00~5:00(3日間初心者・体験者混合コース)

まだ雪深い森でした。
体験者コースで2回目の方はフリーハンドのロウ線と重ね染め技法を、3回目の方はステップアップした技法のアジサイの作品に挑戦しました。

●生徒さんの習作

絵画22cm×26cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

初心者コースも講習日数を3日間に広げましたのでゆっくり楽しみながら制作出来きました。個展会場にいらした方もご参加くださいました。「チャンティンの使い方が難しい」と初心者の方は必ず感じるようですが、皆さんちゃんと完成いたしました。

●生徒さんの習作

バンダナ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

3回目
 2002年(H14)8月4・10・11日10:00~5:00(3日間初心者・体験者混合コース)

 

夏休みで賑わう森でした。
体験者コースはフリーハンドのロウ線と重ね染めを繰り返す技法、初心者コースはゆっくり楽しみながら制作出来るようにと講習日数を3日間に広げました。体験者コースのデザインは同じですが各人ふくよかに流れるロウ線と彩色で作品の雰囲気が変わります。「自由なロウ線は面白い」とのご感想。

●生徒さんの習作

絵画22cm×26cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

「特に彩色が楽しい」が初心者コースの生徒さんのご感想。チャンティン使いか彩色かどちらが楽しいかに分かれるようですが、どちらも楽しくなってください。

●生徒さんの習作

バンダナ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

2回目
 2002年(H14)5月11・12日10:00~5:00(2日間初心者コース)

 

新緑が目にまぶしい森でした。
前回同様のデザインでレイアウトと彩色は自由。生徒さんの作品を見て「色彩は内面が表れるのでそれぞれとても面白い」と私。生徒さんは作品を眺めて納得していらしたようです。三点の作品、皆さんはどうご覧になりますか?

●生徒さんの習作

バンダナ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品

 

1回目
 2002年(H14)3月9・10日10:00~5:00 (2日間初心者コース)

 

雪景色の美しい森でした。
生徒さん、私にとっても札幌で始めてのバティック講習会です。緊張したのは私です。レイアウト、彩色は自由なので初めてのバティック制作とは思えないおおらかな仕上がりです。「チャンティン使いは難しいけれど各人の雰囲気がこんなに違っているのは面白い!」と生徒さん

●生徒さんの習作

バンダナ52cm×52cm
 
batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品   batik生徒さんの作品