バティックの語源

バティックはインドネシア語で沢山banyakの「ba」と点titikの「tik」の造語で「Batik」と呼ばれる様になった説と、古ジャワ語の彩色する「Batihik」が転じたともいわれています。
Batikと呼ばれるようになったのは20世紀に入ってからですが、18世紀後半には知名度は既にヨーロッパに伝わり、20世紀半ばロウケツ染めを総称してBatikといわれるようになりました。
また、ロウ引きに使う道具チャンティン(canting)は世界共通語になっています。

 


※チャンティンの形状は点を描くのに最適です。
●チャンティンの詳細はここをクリック●


バティックの歴史

起源は8世紀頃にさかのぼりインド更紗(さらさ)といわれていますが、その技法は未熟で、現在の緻密な作業を要する技術とは大きな開きがあったようです。
インドネシアで独自の制作が始まったのは17世紀、あるいはそれ以前の中部ジャワ島と推測されます。
バティックがジャワで開花した大きな要因は中部ジャワ島のジョクジャカルタとソロの王族貴族が愛用していた事から技術が向上し、伝統染めとして伝授されてきました。
また、技術は女性達の手仕事として親から子へ代々伝えられてきました。現在もロウ引き作業は女性達の仕事です。時代の流れと共にバティック工房はジャワ島の他の地域にも広がり地方色が生まれました。
現在もインドネシアの暮らしには欠かせない布として愛用されています。

2009年10月5日ににユネスコの無形文化財世界遺産に認定されました。これを記念して10月5日はインドネシア政府はバティックを身につけようと呼びかけています。

 


点は生命の細胞であり生命を維持する米粒でもあると工房の職人さんたちはいいます。



1800年代のジャワ島工房風景。



現在の工房。働く女性の年齢層は広い。
中部ジャワ島のジョクジャカルタにて。