供養
57回 2005/12/1(Thu)

まだ、ワープロもパソコンも一般的に使われていなかった頃の事、札幌のコピーライターの会では短くなった鉛筆を柔らかなトーストに刺して供養をしていました。
お針子さんは針をお豆腐に刺し、板前さんは包丁を庖丁塚に奉納をするように・・・、私の壊れたチャンティン、短くなった鉛筆たちや筆の供養は?
バリのバティック工房ではロウ加熱の火の神さまへのお供え物がいつもお鍋の横に添えられていました。多分、チャンティンの供養もあるのでしょう。
共に働いてくれた彼らの供養を今、真剣に考え中です。




ご馳走さま
56回 2005/11/20(Sun)

仕事の息抜きに一日中台所で手を動かし切り、包み、混ぜ、こねています。要は、同じ手を使うのならば後で「ご馳走さま」と、言える物を作った方が一石二鳥。
今年も土の付いた新鮮なお野菜を頂きました。新鮮な内にと食べる事に追われるだけではお野菜たちに申し訳ないので、一個か一本とか半株だけ、とお断りをして冷凍保存が出来る調理をひねり出します。
今秋の逸品はユリ根のポタージュ!また、キャベツの甘味が好きなので煮物やカレーにも混ぜ込みます。大量に作ったカレーはスープ、うどん、スパゲッティ、オムレツに。冷蔵庫と冷凍室が満杯!味見だけで満腹感!これで、突然の発熱もにわかに忙しくなっても右往左往無しです。
どこか、冬眠の準備をするクマですが、私は人間。満腹感を1枚染めました。

お知らせ:アクセス44,444回感謝のプレゼント
ホームページ4年が過ぎた感謝のお印に日記53回で掲載画像の原画を1名さまに(額装30×30センチ予定)贈らせて頂きます。44,444回を踏まれた方、同時アクセスの場合はご連絡メール一番乗りの方です。国内外は問いません。44,444回が近くなりましたらトップページでお知らせいたします。




懐かしさは優しさ
55回 2005/11/11(Fri)

昭和30年代が舞台の「Always 三丁目の夕日」を観ました。この頃の私は青春真ッだ中でした。
絵文集「小さな想いでさっぽろの街かどで」(昭和61年出版・絶版)は私の小学生の頃を描いた本で、序文にはこんな言葉が綴られています。

生まれ育った私の家がありました。
いま、その場所は日生ポケットパークと名付けられ、道庁北門の小さな空間になりました。
少女時代を過した小学校がありました。
いま、札幌市役所が建つあの場所です。
昭和二・三十年代、私は札幌駅前通り周辺を通学路とした少女時代を過しました。
いつまでも消えることのない想い出と、だまって消えてしまった街かどの建物が、ピッタリと寄り添っています。

映画は私の思い出とオーバーラップして・・・懐かしさに包まれたとても優しい時間でした。
今日はバティックからちょっと離れたお話です。
画像:秋の大通り公園3丁目の写生会。




あなたに語りかける
54回 2005/11/1(Tue)

最近、インドネシア関連のネットサーフィンで出会って購入したCDがバリの音色「バリの夜はあなたに語りかける」。
日本で屈指のガムラン演奏家皆川厚一氏による録音のバリの自然の音と竹笛です。
サヌール海岸の波音、竹笛と蛙の鳴音、アユン川の流音は私のバリの思い出を静かに彩ってくれます。
バティック作業のBGMとして毎日聴きながら思う事は、人間が五感で感じた記憶を収納する能力の素晴らしさです。
聴覚、視覚、味覚、臭覚、触覚は感じると同時に記憶の箱に収められて刺激を受けると鮮やかに蘇る、こんなごくごく当たり前の事を今更ながら素晴らしいと感じさせてくれたのがこのCDでした。念の為に・・・・私の五感の冴ではなくて「人間の」です!誤解がありませんようにね。
最近、記憶力が鈍り「記憶する事だけ」にあれこれ手を尽くして五感フル回転ではなかった私。このCDを聴きながら何にか肩の荷を降ろした気持ちになっています。
購入はこちらでご確認ください。
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/news/soft/balinoyoru/info.html




4年が過ぎたホームページ
53回 2005/10/20(Thu)

2001年9月にBATIKのホームページを開設して5年目を迎えました。バティックの輪は驚〜ォ〜異的に拡がり、出会いが次の出会いに繋がったチャンスに心から感謝をいたします。
開設当時、私はバティックを言葉で説明することの難しさに悩んでいました。ビジュアルで観て頂けるのはやはりネット以外には無い!そう思った私ですがパソコン経験わずか5ヶ月目。
その世界はとんでもなく難解で立ち往生状態の時に救いの神様Silaxの佐藤さんと出会いました。幸い、彼の知識とセンスとご指導に支えられてアクセス数は伸び、BATIKが国際語という利点もあり外国語圏からのアクセスも月に20言語数。
今日までのパソコン奮闘記は数知れずでありながら、未だに佐藤さんにオンブに抱っこのままで進行中です。
これからもバティック好きの皆様と語らい、インドネシアバティックの伝統も数多くお伝えしながら独創性豊かなバティック絵画を模索いたします。お楽しみはまだまだこれからです。末永い付き合いをお願いいたします。
そこで、アクセス44,444回感謝の気持ちのプレゼント。
4年間の感謝のお印に上掲載画像の原画をご1名様に額装をして贈らせて頂きます(約20cm×30cm)。
44,444回を踏まれた方で掲示板へのご連絡一番乗りの方です。国内外は問いません。44,444が近くなりましたら改めてトップページで詳細を告知いたします。





Page:[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15]




Copyright(C) アトリエ・クリップ Yuko Nakata.All rights reserved.